日本が誇る注目のAI企業・ABEJAのマーケティングディレクターに元AWSの小島英揮氏が就任

日本が誇る注目のAI企業・ABEJAのマーケティングディレクターに元AWSの小島英揮氏が就任

Posted date:2017.09.06
Photo by ABEJA HP

 ディープラーニング企業・ABEJAのマーケティングディレクターに、アマゾンウェブサービスジャパン株式会社(以下AWS 社)の元マーケティング本部長、および日本最大規模のクラウドコミュニティ「JAWS-UG」の創始者である小島英揮氏が就任する。

「AWSをはじめとするクラウドエコシステムの拡がりが、AI やディープラーニングのビジネス活用を加速させてきています。このタイミングで、ディープラーニング技術で世界に挑戦するABEJAにジョインできることを大変うれしく思います。これまで自分がグローバルカンパニーで得たエコシステム構築やマーケティング戦略のナレッジを、ABEJA のチームにインストールしながら、世界中のお客様に新たな価値を提供し、自身も新しい成長を得られるよう努めてまいります」(小島氏)

 小島氏は、AWS社においてマーケティングを統括し、同社が提供するクラウドコンピューティング利用者を対象としたコミュニティ「JAWS-UG」を創設。日本最大規模のコミュニティに育て上げるなど、マーケティング分野で数々の功績を残してきた。今後は、ABEJA のマーケティングディレクターとして参画。豊富な経験と幅広い見識を活かし、戦略の策定・実行を統率していく。

【小島 英揮(おじま・ひでき)氏の略歴 】

 明治大学卒業後、電子フォーム/XML関連ソフトでのマーケティング責任者や、アドビシステムズでのPDF、RIA のエンタープライズ、デベロッパーマーケティングなど、IT のマーケティング職に従事。アマゾンウェブサービスジャパンでは、マーケティング本部長を務め、クラウドコンピューティングを利用する人々のコミュニティである「JAWS-UG(Japan AWS User Group)」を創設。日本最大規模のコミュニティに育てる。2016 年8 月末にAWS を退職。現在は、複数の会社と協業し、パラレルマーケター/エバンジェリストとして活躍。