日立が様々な分野の人工知能を開発。経営判断をサポートするAIも登場か

ロボティア編集部
ロボティア編集部

日立の人工知能とロボットアーム
photo by Bloomberg News

日立製作所が、物流倉庫における効率化を達成する新しい人工知能(AI)のプログラムを開発したと発表した。同AIを搭載したロボットはビッグデータと日常業務の分析、労働者に業務指示を下すことが可能だという。同AIは、需要変動や業務現場の改善活動を自動的に理解するという。

日立関係者は、今回公開された「新しい人工知能プログラムを通じて物流倉庫の業務効率が8%改善された。人工知能は、人間の管理者には不可能な膨大な量のデータを検討し、最も効率的な指示を下すことができる」と説明している。日立はまた、8月に高速移動ロボットを公開。ふたつのアームがついたロボットは、倉庫から商品出荷などの基本的な機能を実行することが可能で、人間の作業員と代替することができる。

実験の結果、人工知能が倉庫内において、従業員のための作業指示書を作成することができることが明らかになった。加えて、入庫した製品を集荷、作業を終えるための最も効率的な手順を知らせることもできた。日立側は「人工知能が自動的により良い結果を生成する手順を選定、次の作業指示書に適用する」としている。
日立は今後数年間、このプログラムのテストを重ね、商業化を進める計画である。交通、金融、保健など物流以外の分野にも適用することを望むと述べている。

日立はまた、人工知能を経営判断に生かすことを想定したAI技術の開発に取り組んでいる。グローバル化などの要因により、製造業などを取り巻く環境はより複雑になり、膨大な情報を処理する必要に迫られている。そのような背景の中、経営陣がより適切な判断を下せるような人工知能を使ったシステムを開発し、商機を狙う構えだ。加えて、大量のニュース記事を解析して賛成・反対の根拠を抽出できる人工知能技術の開発にも乗り出している。

(ロボティア編集部)