ハンデ戦で完敗....中国強豪棋士・柯潔9段がテンセントの囲碁AIの「絶芸」に降伏

ハンデ戦で完敗....中国強豪棋士・柯潔9段がテンセントの囲碁AIの「絶芸」に降伏

関連ワード:Tencent 囲碁AI

Posted date:2018.01.19

中国の囲碁第一人者であり、世界的にも有名な柯潔9段が、テンセントの囲碁AI「絶芸」に2子局(ハンデ戦)で敗北し話題となっている。柯潔氏のような強豪が、AIにハンデをもらって試合に臨み負けるのは史上初めてとのこと。囲碁では、対局者同士の実力差が大きい場合、置き碁(あらかじめ碁盤に石を置いて対局すること)を行う。ここで先に置いた石の数が、すなわち相手との実力差を意味する。

勝負は1月17日にインターネットサイト上で行われたのだが、ハンデをもらった柯潔氏は、序盤から激しく絶芸を攻め立てた。しかし、絶景はこれを完ぺきに防ぎ、柯潔氏は77手目にして万策尽き降伏を宣言した。

対局を見守っていた解説者は「柯潔9段は2子局なのに形成が不利になっていくと、戦意を喪失したみたいだ。もはや、また対局したからと言って、柯潔9段が勝つとは断言できない」と、その感想を吐露している。

人間の棋士たちは、もはや囲碁AIに勝つことは不可能となったのだろうか。人工知能の学習のスピードには、ただただ驚かされるばかりだ。