韓国IT大手・NHNが仮想通貨取引所に投資...中国OKコインが韓国進出か

韓国IT大手・NHNが仮想通貨取引所に投資...中国OKコインが韓国進出か

Posted date:2018.01.20
Photo by OKcoinkorea HP

韓国の大手IT企業のひとつであるNHNエンターテイメントが、子会社を通じて仮想通貨市場に投資を進めることが確認された。1月19日、仮想通貨取引所「OKコインコリア」のホームページは、NHNエンターテイメントを投資パートナーとして紹介。まだ正式サービスを開始してはおらず、事前予約を受けつけている。OKコインは、中国の主要な仮想通貨取引所のひとつで、これまで韓国進出を進めてきた。

NHNエンターテイメントの関係者は、「投資専門子会社であるNHNインベストメントが(OKコイン側と)投資を協議中」とし「そのほか詳細については確定していない」としている。

NHNエンターテイメントは、ゲーム、フィンテック、クラウドなどの事業を展開する総合IT企業で、「ハンゲーム」や決済サービス「PAYCO」などで認知度が高い。もともとは、LINEの親会社であるNAVERとひとつの会社であったが、2013年に会社を分割。資本関係を解消している。NHNエンターテイメント側は、ブロックチェーンなど仮想通貨の核心技術が、ゲームなど他の事業に活用されるかという問いに対しては、沈黙を守っている状況だ。

なお、韓国IT業界の大手企業が、仮想通貨取引所の投資に乗り出した事例は初めてではない。カカオは、取引額世界1位の取引所「UPBIT」の運営会社・トゥナムの株式を約23%保有している。ゲーム企業大手・ネクソンは昨年9月、韓国の大手取引所「korbit」を買収した。

今後、中国の仮想通貨取引所が韓国国内に進出することを契機に、国内IT企業の仮想通貨取引所への投資も増加すると見られている。業界関係者のひとりは現地メディアの取材に答え「(韓国は)低金利が続いている上に、仮想通貨投資で大金を儲けたという人々の事例が続々と出ている点を勘案すれば、政府が規制したとしても仮想通貨ブームは簡単になくならないだろう」と話している。