スペースベンチャー・ALEとJAXAが宇宙デブリ問題解決に向け共同実証

ロボティア編集部
ロボティア編集部

株式会社ALEと宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)が、JAXA 宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)において、宇宙デブリ対策のうち「人工衛星のミッション終了後に速やかに軌道離脱させる方法による宇宙デブリ拡散防止装置の事業化」に取り組んできたが、今回、事業共同実証へ移行する。ALEとJAXA が共同して、2021 年度内に宇宙デブリ拡散防止装置を超小型衛星へ搭載し宇宙空間での実証を行う。さらにALE は、実証後に装置の製造・販売の事業化を目指す。

「宇宙デブリ拡散防止装置」は、カーボンナノチューブ(CNT)電子源と導電性テザー(EDT)を用いた世界初の装置だ。この装置は、打ち上げ前の人工衛星に搭載され、人工衛星のミッション終了後に長い紐を宇宙空間で展開。地球磁場を使って人工衛星の軌道を変更する。人工衛星の軌道高度をより短期間で降下させることにより、人工衛星を地球大気に再突入・焼却廃棄することができる。

共同実証では、ALEがCNT電子源を含めたEDT装置の開発・実証と実証用装置を搭載する超小型人工衛星の開発・打上・運用、および販売事業に向けた準備を実施する。JAXA はEDTおよびCNT電子源の地上モデル製作とEDT 軌道解析およびCNT電子源軌道上運用評価を実施する。同装置を小型衛星に組み込むことで、今後急速な増加が予測される地球低軌道上に残存するミッション終了後の人工衛星を減らし、宇宙デブリとの衝突による危険な大量の破片デブリ発生を防止することが可能となる。ALEとJAXAは、宇宙デブリ問題への一つの取り組みとして本事業共同実証を進め、サステイナブルな宇宙開発への 貢献を目指すとしている。