【PR】物流ソリューションベンダーPacPortがIoT宅配ボックスのキャンペーン開始

ロボティア編集部
ロボティア編集部

物流業界のラストマイル問題を解決するソリューションベンダーPacPort(代表取締役社長:沈 燁)は、この度、株式会社エリア・パーキング、株式会社大川(以下、OKAWA)とタッグを組み、IoT宅配ボックスのサブスクリプションサービスを10月1 日より、横浜市都筑区にて展開すると同時に、スタートダッシュ・キャンペーンを開始させました。先着申込み100個分については、最初の3か月間はサービス使用料が無料、4か月目から月額500円(税込)で継続使用できます。

当サービスは、PacPortの販売代理を行うエリア・パーキングが手掛ける新規事業の一環で、港北ニュータウン(世帯数およそ 85,000)を抱える都筑区をサービス・イン地域として選びました。今後は、オプショナルサービスの提供も視野に入れながら、全国展開を目指していきます。

また、当キャンペーンの対象商品には、PacPortが建築資材の製造販売を行うOKAWAと共同開発した、国内初の「盗難補償付き」2戸建て住宅向けIoT宅配ボックス(置型タイプ)を採用しています。設置工事不要、無線LAN環境(Wi-Fiへの接続)が整備された場所に設置するだけで即時使用可能です。

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の一環にもなっている宅配物流は、もはや生活インフラの一部と化しています。また、多くの宅配サービス利用者は感染への懸念から在宅でも対面受取を避け、荷物受取の非対面・非接触化を求める傾向が顕著化しています。この度の三社の協業により、「ニューノーマル」(新常態)で求められる利用者の新しいライフスタイルに寄り添った安心サービスの提供を、「初期投資費ゼロ」「契約期間設定自由」「解約手数料ゼロ」のサブスクリプションモデルにて実現することができました。

【スタートダッシュ・キャンペーン概要】
● キャンペーン期間:2020年10月1日〜先着100個分の応募が集まり次第終了します。
● 納品予定期間:2020年10月中
● 課金開始日:納品の翌日より起算して3か月間使用料0円、4か月目より月額500円(税込)。
継続しない場合でも、解約手数料はかかりません。
● 応募方法:PacPort 宅配ボックススタートダッシュ・キャンペーンサイトよりご応募いただけます。
● キャンペーンのお問い合わせ先

【主な機能】
◎注文・配達情報の一括管理
複数通販サイトの注文情報を同一画面で表示。注文から受け取りまでの状況を自動更新。

◎投函完了のお知らせ
投函完了時にアプリに通知が届き、荷物の到着情報をリアルタイムで把握。
※専用アプリで通知許可の設定が必要。

◎内蔵カメラによる荷物撮影
内蔵カメラが投函された荷物を撮影。写真の確認もアプリ上で。

◎2つ以上の荷物も受取 OK
同一荷受人宛の荷物なら、最大3つ受け取り可能。

◎署名・捺印不要のデジタル投函証明
荷物の投函情報は配送事業者にも提供されるため、受け取り時の署名・捺印不要。

◎誤配送・なりすまし受取防止
荷物の追跡番号(QR コード)による解錠。誤配送・なりすまし受け取りの心配なし。

◎個人間荷物にも対応
配送事業者を介さない、個人同士の荷物の受け渡しにも対応。

◎新機能の追加
ソフトウェアの自動更新で便利な新機能が随時追加。