コロナ検体を採取するロボット看護師「Cira-03」稼働開始...エジプト

ロボティア編集部
ロボティア編集部
Photo by baidu

新型コロナウイルスの検体を人間の代わりに採取し、医療従事者の感染リスクを下げる看護師ロボット「Cira-03」が、エジプトの技術者によって開発された。顔やロボットアームを備えたアンドロイドタイプのロボットだ。

Cira-03はエジプトの首都・カイロから北に約94㎞離れた場所に位置するガルビーヤ州の首都・タンタの個人病院で試験運用中だ。感染が疑われる患者の体温を測定し、検体を採取する役割を担う。

Cira-03にはロボットアームが備わっており、綿棒で検体を採取することができる。その他、血液採取、心電図確認、X線検査の結果を胸部モニターに表示するなどの機能を備える。仮にマスクを着用していない人を発見すると着用の案内も行う。

開発者であるロボット工学者Mahmoud El-Komy氏は、メディアの取材に対し患者はロボットを見て恐れないし、むしろロボットは人間より正確に作業を行うので信頼性が高いと説明している。

エジプトでは、3月から大規模集会などの集まりが禁止され、レストランや映画館などの人が集まることができる場所を閉鎖した。公共交通機関や屋内公共エリアでは、マスクを必ず着用しなければならず、違反すると最高250ドルの罰金を払わなければならない。しかし、このような努力にもかかわらず、11月末までに感染者11万5541人、死亡者6636人となっている。感染者や死亡者の数字はまだ米国や欧州の状況にまではいたってないが、12月1日から2次感染を防ぐための新しい通行禁止時間ポリシーなどが施行される。

ロボットはコロナ禍の長期化に伴い、世界各国で重宝されている。米マサチューセッツ州にあるハーバード大学医学部ブリガム・ヤング女性病院では、ボストンダイナミクスのロボット犬「スポット」が導入され、2m程度離れた距離から患者のバイタルを測定する用途で用いられている。

スポットの顔に装着されたタブレットモニターは、医療スタッフが患者と対話し、リアルタイムで治療を行うことにも役立てられる。MITの研究者は、スポットが赤外線カメラを使用して、ソーシャルディスタンスを堅持したまま脈拍や体温などを測定することができることを証明したと説明する。

台湾でも検査を自律的に行うことができるロボットが開発された。台湾の医療機器メーカー・ブレインナビバイオテクノロジーが設計した同ロボットは、同社の脳神経手術ロボット「NAOTRAC」に採用された基本技術のほか、顔認識、3D映像撮影技術などが実装されている。ロボットを利用した検査は5分ほどで、既存の検査時間の約15分を3分の1にまで短縮できていることも報じられている。