IT産業のメッカ・シリコンバレー、人工知能開発競争が過熱

ロボティア編集部
ロボティア編集部

GetHuman
photo by GetHuman HP

 一方で、インタレクション(Interections)という企業の商品開発も興味深い。同企業では、大企業において特殊なカスタマーサービスを担当、ホットライン通話を可能にする秘書サービスを開発している。現在、保険会社ハマナ(Hamana)、テキサスエネルギー(TXU Energy)などを対象にテストを進めているという。インタレクションが開発する人工知能秘書サービスは、人間のアシスタント(helper)と協業する。人工知能が理解しいくい文章、会話に直面した場合、補助職員が相談を引き継ぐ。

 ゲットヒューマンドットコムでは、機器故障のアフターサービス、電話対応サービスの円滑化を進める人工知能秘書サービスを開発中だ。多くの電話が殺到すると、顧客は長い時間待たなければならず、ストレスも多い。同サービスは、最も早く相談院と通話、接続できる方法を教えてくれる。

 それら、発展目覚ましい人工知能ロボットを見る限り、以前よりも柔軟で、創造的な機能を備えているように見える。また、様々な知識が集積、処理速度も高まっており、産業現場で活用される事例も増えているようだ。

 アマゾンは「予測出荷(Anticipatory Shipping)」システムに関する特許を取得している。このシステムは、消費者がどのような商品を購入するか事前に予測して、消費者が購入ボタンを押す前に発送をあらかじめ用意しておくというシステムである。

 このシステムは消費者から歓迎を受け企業にとっても有用である。適量の商品を管理することで在庫率を減らし、物流にかかる巨額の費用を削減することができる。

OrbitalInsight
photo by OrbitalInsight

 米国のスタートアップ・オービタルインサイト(Orbital Insight)は、人工衛星で捕捉した主な産油国の原油貯蔵タンク周辺の写真を分析し、国際原油価格を予測するサービスをご提供している。

 この機能の用途を穀物、鉱物、水産物などに拡大すれば、世界の食糧、原材料価格がある程度を予測することができるだろう。また、この機能を細分化して、将来の気候変動を予測することができれば、地球温暖化、天災地変などを解決することができるものと期待されている。

(ロボティア編集部)