【ドローンビジネス】空撮・測量のメリットと課題【十田一秀氏】

【ドローンビジネス】空撮・測量のメリットと課題【十田一秀氏】


Posted date:2015.12.16



2015_5_28waypoint-550x400
―実際にドローンを操縦する際には完全に自律飛行を行うのでしょうか。また、操縦のためのトレーニングにはどれくらい時間がかかるものなのでしょうか。

 現在、オペレーティングや操縦については半自動です。プロポである程度操縦して、途中からパソコンやタブレットで通信しています。軌道を設定すれば、後はドローンが自動で飛んでタスクを処理するような形です。特に離着陸は手動でやることが多いですね。周囲の環境は常に異なるので、すべて自動化するというのはなかなか難しいかと。

 トレーニングに関しては、もともとシングルモーターヘリの操縦をしていたので、それほど難しいとは感じませんでした。国交省では、マニュアルに沿った10時間ほどのトレーニングを義務付けています。体感的には、それくらい練習すれば操縦はできると思います。現在のドローンは風速が7mくらいあっても定点で制止してくれますし、技術的にもどんどん良くなっていますので。

―もしよろしければ、業務で使っている機体を教えてください。

Freefly-ALTA1

Freefly-ALTA1 photo by cinema5d.com


 弊社では主にFreefly社製のドローンを使用しています。Freeflyは米国・シアトルの企業で、機体はALTAというプロの映像系の方たちが多く使っているものです。NHKさんにも導入されています。

 現在、市場ではDJIのフライトコントローラー使っている製品が7割くらいだと聞いています。もしくは3Dロボティクス社製ですね。弊社ではDJI製品も保有しているのですが、初期不良のせいかテストで何度か墜落したことがありました。知人の方でも同じようなトラブルがあったと聞いていたため、業務で使うには不安が残った。そのため前者を主に使用しています。

 Freefly製品は価格が少し上がるのですが、メンテナンスもフリーですし業務用としては信頼性が高いかなと。こちらで行ったテストでも非常に安定しています。

1 2 3 4 5

参照
KELEK
KELEKオペレーターブログ
vimeo.com