【ドローンビジネス】空撮・測量のメリットと課題【十田一秀氏】

【ドローンビジネス】空撮・測量のメリットと課題【十田一秀氏】

関連ワード:

Posted date:2015.12.16

KELEK十田一秀氏ドローン撮影

―シングルローターヘリでの撮影はまだ続けてらっしゃるのですか

 最近では、ほとんどシングルローターは使っていません。一番気になるのは、シングルローターヘリのフライトコントローラー(飛行安定装置)のアップデート。DJI以外、シングルローターのフライトコントローラーをほとんどやっていないですし、そのDJIも2年前からアップデートしていません。

 一方で、マルチコプターは研究開発が進んでいるのでアップデートも進められている。ほぼほぼスペック的には同じことができると思うのですが、差があるとすればそこでしょうか。今後、マルチコプターの方は機能も増えていくでしょうし、メンテナンスもメーカーが体制を整えていくのでは。私たちも業務ではマルチコプターにシフトしていくかと思います。

―ちなみに、撮影や測量の価格はどのくらいになるのでしょうか?

 規模にもよりますが、撮影については15万円、計測については30万円程度から予算を考えていただければ。

―ありがとうございます。

(取材・文 河 鐘基)

1 2 3 4 5

参照
KELEK
KELEKオペレーターブログ
vimeo.com