ロボット・カジノディーラーが登場、人間との代替え進むか!?

ロボティア編集部
ロボティア編集部

ロボットディーラー
photo by casinorelease.com

 その他にも、世界ではサービス業分野へのロボット導入が次々と進められている。

 ソフトバンクも15日、日本全域でペッパー(pepper)を各売り場の宣伝と接客用途に活用する方針だと明らかにした。ペッパーは、7月から店舗に投入されている。店側は1500円の費用をかけているそうで、これは全国最低時給798円より約2倍高い金額となる。

 その他にも、ホテル受付、カジノディーラー、携帯電話販売員など営業職がAIロボットと代替され始めている。

 野村総合研究所と英国オックスフォード大学が共同研究の末に発表した資料によれば、日本では10〜20年後に、601種の職業のうち49%がAIやロボットに代替されると分析されている。同研究者たちは、新しい価値を創出する職種や、他人との交渉、コミュニケーションが重要な職種の場合、機械が代替えするのはまだ難しいだろうとの見解を示している。

(ロボティア編集部)