【プレスリリース】DJI新製品「Phantom4」の詳細

ロボティア編集部
ロボティア編集部
Phantom4_3

 ActiveTrack テクノロジーにより、Phantom 4 は新たな領域に入ります。ユーザーは、iOS/Android 対応のDJI GO アプリがダウンロードされたスマートフォンやタブレットをタップするだけで、動く被写体を追尾し、常にカメラの中央に捉えることができます。

 ジョギングする人やダウンヒルを滑走する自転車を完璧にカメラに収めるには、アプリのActiveTrack モードを有効にするだけです。

 Phantom 4 は、3D 映像を認識し、被写体が動いている間に形状や向きを変えた場合でも、継続して撮影するという自律学習機能を採用しています。ActiveTrack モードでもユーザーがカメラの動きを完全にコントロールすることが可能です。また、Phantom 4 が常に被写体をフレームの中央部に合わせるので、被写体の動きに合わせてカメラを動かすことも可能です。送信機の「一時停止(Pause)」ボタンを押せば、いつでも静かに前進を停止し、空中でホバリングさせることができます。

 DJI GO アプリのTapFly を使えば、Phantom 4 の画面で目的地を2 度タップすると、その目的地まで障害物を回避した最適な飛行ルートを計算してくれます。別の場所をタップすると、初心者でもまるで熟練パイロットのようにスムーズな移動が実現します。