目覚ましの新常識…画期的なスマートアラーム時計続々

目覚ましの新常識…画期的なスマートアラーム時計続々

Written by Pocca

Posted date:2016.08.22

Iot_sensorwake
photo by Sensorwake

 一昔前までは目覚まし時計といえば、音で人を起こすというのが主流であったが、昨今では「光」や「音」、「振動」、「香り」など、様々な手法を取り入れた商品が登場している。調べてみるとシンプルなタイプからキャラクター物まで、形はそれほど大きく変わっていないが、機能は驚くほど多彩に。IoTの波は、目覚まし時計にまで押し寄せている。

■目覚まし時計から出るものは、「音」ではなく…

 音の代わりに「香り」で起こすという画期的な目覚まし時計をご存知だろうか。フランス企業であるセンサーウェイク(Sensorwake)社は、米ラスベガスで開かれたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー (ConsumerElectronics Show:CES2016)にて、香りで起こす目覚まし時計「センサーウェイク」の新作モデルを披露した。

 この製品は、設定された時間にセットした人の好みの香りを放出する。目覚ましが作動するとふたが開き、近くで寝ている人が起きるまで徐々に香りを放つ仕組みだ。

 いれたてのコーヒーや焼きたてのパンの香り、他にもペパーミントやチョコレート、アロマでも人気なシーサイドやピュリファイングティーツリーなど、さまざまな香りをカートリッジにて展開する。より本物に近い香りにするため、香料世界最大手である、スイス・ジボダン社(givaudan)と提携するほどのこだわりようだ。

 同社によると、テストでは寝ていた人の99%が2分以内に目を覚まし、アラームとしては問題ないとしている。ただ、3分たってもボタンが押されない場合には、音が鳴る予備のアラームも搭載されているという。

 同製品はフランスの発明家ギヨーム・ロラン氏(18)によって発明された。2014年のグーグル・サイエンスフェア(Google Science Fair:13~18 歳の個人とチームを対象とする国際的なオンライン科学技術コンテスト)で上位15位入りを果たし、好評を得ている。

 今回公開されたセンサーウェイクは旧モデルに比べ、香りカートリッジが小さくなったり、鋭角だった枠を曲線にするなど、コンパクトかつより洗練されたデザインとなっている。また、カートリッジは1つのカプセルで60回分使用可能だそう。

 こちらは昨年夏、クラウドファンディングサイト「キックスターター(Kickstarter)」にて注目を集め、目標金額である五万ユーロ(約561万7000円)を超えたことでも話題となっている。正式に発売したセンサーウェイクの価格は約2万1000円で、今年中に出荷予定となっている。

1 2 3