カナダ・オンタリオ州、トムソン・ロイターのテクノロジー・センター開設を歓迎

カナダ・オンタリオ州、トムソン・ロイターのテクノロジー・センター開設を歓迎

Posted date:2016.10.20
トムソンロイター
photo by Thomson Reuters

 キャスリーン・ウィン オンタリオ州首相は、カナダ首相ジャスティン・トルドーと共に、国際大手情報企業、トムソン・ロイターが同州トロントに「トロント・テクノロジー・センター」を開設すると発表しました。これにより、今後 2 年間で 400 人、将来的には 1,500 人の技術者の雇用が創出されます。

 この新しいテクノロジー・センターでは、コグニティブ・コンピューティング、ビジュアライゼーション、クラウドなどの最先端のテクノロジー研究を進め、同社の世界中のプロフェッショナルの顧客に向けたサービスの強化を目指します。また、同社の経営トップである社長兼最高経営責任者(CEO)ジム・スミス氏と最高財務責任者(CFO)ステファン・ベロ氏が 2017 年に同社の拠点をニューヨークからトロントに移します。さらに今後数年かけて管理部門もトロントに移し、人材も現地で雇用する意向です。

 キャスリーン・ウィン オンタリオ州政府首相は、「トムソン・ロイターの今回の発表は、同州の高度な技術を持つ多様で優秀な労働者やイノベーションへの取り組み、ダイナミックなビジネス環境などが高く評価されたものと大いに歓迎しています」と述べています。

 ジャスティン・トルドー カナダ連邦政府首相は、「この発表は、政府部門と民間部門が協力すれば、カナダの労働者や家族にとってすばらしいことが起こり得るということを示すものです」と述べました。

 一方、トムソン・ロイターのスミス社長兼 CEO は次のように述べています。

「カナダは当社の故郷であるだけでなく、グローバルレベルの技術者の人材が集結された新しいエコシステムが存在する国です。この新しいテクノロジー・センターは、今後 急成長が見込まれるイノベーションのハブとしてのカナダに対して、さらに、顧客中心のプラットフォームとソリューションの構築に対する当社のコミットメントをさらに推し進めるものです。当社はカナダの連邦政府、州政府、市当局が一致団結して、雇用創出、イノベーションの推進、知識経済を最優先課題としていること称え、その努力に当社が大きく貢献できることと期待しています」