NTTデータがカナダ・オンタリオのイノベーションハブ「MaRS」と提携

NTTデータがカナダ・オンタリオのイノベーションハブ「MaRS」と提携

Posted date:2016.12.02

NTTデータがカナダ・オンタリオのイノベーションハブ「MaRS」と提携

 カナダ・オンタリオ州トロントに拠点を置く世界的なイノベーションハブ、MaRS ディスカバリー・ディストリクトと、日本の NTT データは11月28日、日本での市場機会を求めているカナダのスタートアップ企業を支援するための新しいプラットフォームを提供することで合意・提携した。

 NTT データは、有望な新しいテクノロジーを探し出す世界のイノベーションハブやアクセラレーターと連携するという、同社の事業構想を進めるためのパートナーに、MaRS を選定。この合意の下で、MaRS はアジアへの輸出を目指すベンチャー企業を NTT データに紹介し支援する。

 NTT データは、スタートアップ企業と協力しながら、人口と高齢化や環境破壊、エネルギー資源の枯渇、医療費の高騰、食料自給率の低下、経済格差など世界の経済問題に取り組むことができるテクノロジー会社を見つけ出すことを目指す。

「NTT データは、オープンイノベーションにより、我々の長年の実績である様々な IT インフラをより進化させ、当社のお客様、そしてスタートアップの皆様とともに、様々な社会・経済課題を解決していきたいと考えています」(NTT データ・オープンイノベーション事業創発室長・残間光太朗氏)

 MaRS と NTT データは、イノベーション戦略や、デモンストレーション、ハッカーソンなど世界におけるイベントで協力することにより、カナダのベンチャー・コミュニティのためのビジネスネットワークを強化。メディアや潜在的な顧客への露出を提供することを目指す。MaRS のサリーム・テハ(Salim Teja)ベンチャー担当上級副社長は、今回の提携について次のようなコメントを残した。

「MaRS は、カナダのイノベーターを日本や世界の主要な市場におけるビジネス機会や顧客に結びつけることを積極的に目指しています。私たちのベンチャー企業は、NTT データのもつ産業や市場の豊かな専門知識とノーハウを利用できることで大きな利益を得ることができます」

1 2