ロウソクアプリにARデモ参加…朴槿恵退陣デモがハイテク化していた

ロウソクアプリにARデモ参加…朴槿恵退陣デモがハイテク化していた

関連ワード:AR 韓国

Written by Pocca

Posted date:2016.12.13

ロウソクデモ_AR_拡張現実
Photo by egg (Hong, Yun Seon)

 韓国では1ヶ月以上にもわたり、朴槿恵大統領の退陣を求める大規模な国民集会が開かれている。12月4日のデモにはソウル市だけで170万人、全国併せて230万人がデモに参加したと報じられた。このキャンドルデモは13歳の少年から100歳を超える老人まで、拡大の一途を辿っている。

 先月にはこの大規模なキャンドルデモを受けて、与党セヌリ党議員の発言が波紋を呼んだ。それは、「ロウソクの火は風が吹けば消える」と発言したもの。これに対し市民たちは、火が消えない「LEDろうそく」や、スマートフォンで「ろうそくアプリ」などを利用し、デモを始めた。「ろうそくアプリ」では燃え上がるキャンドルの形が明るく周辺を照らしたり、風で揺れる動きがリアルに再現されている。

 ちょうど先月26日に開かれた5次国民集会では、雪や雨が降り、普段の集会の時より気象条件が劣悪だったため、実際のロウソクよりもろうそくアプリが役に立っていたようだ。このようなアプリをはじめ、拡張現実(AR)によるデモの参加など、現代的に多様化するデモの様子が注目を浴びている。

 スタートアップ企業であるブレックス・ラボ(Vrex Lab)が公式発売したラッシュ(Rush)は利用者が希望する空間に自分だけのメッセージを残せるように開発された位置基盤フォトアプリだ。実際の風景にスマートフォン上で作成した仮想イメージを合成し、拡張現実(AR)技術を応用しながら、特定の場所でそれぞれのメッセージを共有できるようにした。まるで空に仮想のポストイットをつけるようなイメージだ。

 使用方法はいたって簡単。スマートフォンの位置情報システム(GPS)を起動してアプリを作動すると、カメラと共に正確な現在位置が表示される。そこで写真を撮り、最大50字のメッセージを作成。写真、位置、メッセージなどを一つのイメージでマッピングする。様々なメッセージを作るために無料顔文字も提供されている。

1 2

参照
yonhapnews
biz.khan.co.kr
thepublic