IKEAとAppleがコラボ! 仮想家具を配置するARコンテンツを開発中

IKEAとAppleがコラボ! 仮想家具を配置するARコンテンツを開発中


Posted date:2017.06.22



 家具メーカーのIKEAがAppleと共同でARコンテンツを開発していると、スウェーデンのメディアが報じた。

 両社が開発しているのは、「ARKit」を活用したARアプリ。iPhoneやiPadのカメラ機能を用いて空間にかざすだけで、仮想家具を自分の部屋に配置してくれるARコンテンツを開発していると「Di DiGITAL」が報道している。

 IKEAは2013年に、ARアプリ「IKEA カタログ」をiOSとAndroidでリリース。4年前からARで家具を配置する試みに取り組んできた。

 AR空間で家具を配置し、タップひとつ瞬時にオンラインで家具を購入するEC機能の実装が予測される。アプリのリリース時に、ARで使えるバーチャル家具は、500から600種類になるとのこと。なお、ARKitを使った家具配置ARアプリは2017年秋にリリースされる見込みだ。

記事提供:GET AR
原文:家具メーカーのIKEA、AppleとARアプリを開発 「ARKit」を使ったコンテンツを提供

■関連記事
必見!! DJIがARグラス 「MOVERIO BT-300」を使ったドローン操縦ムービー公開
【初級編】UnityでKudan AR SDKを使ってARアプリの開発してみた
AR・VRに対応したスマホ ASUS「ZenFone AR」実機レビュー
GoogleがAIを活用した「Google Lens」を発表…情報を検索してARで表示

参照
digital.di