NVIDIAが「ロボカップ2017」に出展…エッジデバイスAI用プラットフォーム「Jetson」搭載ロボット・ドローン展示

NVIDIAが「ロボカップ2017」に出展…エッジデバイスAI用プラットフォーム「Jetson」搭載ロボット・ドローン展示

Posted date:2017.07.20

Photo by NVIDIA

 AI半導体メーカー・NVIDIAが、2017年7月27日(木)から30日(日)まで名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)で開催される「ロボカップ2017」に協賛・出展する。ロボカップは、毎年世界中で開催されているロボットの国際的競技大会。今年は20年ぶりに日本に凱旋し、ロボカップの歴史が始まった名古屋でふたたび開催される。

 NVIDIAブースでは、エッジデバイスAI用プラットフォーム「Jetson」を搭載したロボットやドローンを展示するほか、シアター形式のプレゼンテーションが行われる。また、トヨタ自動車製の生活支援ロボットで競う「Domestic Standard Platform League」や商品を取り出して収納する「Amazon Robotics Challenge」(旧Amazon Picking Challenge)などのリーグに、Jetson搭載のロボットが多数出場する予定だ。

■ロボカップ2017概要

大会名:ロボカップ2017名古屋世界大会

主催:ロボカップ2017名古屋大会開催委員会、ロボカップ国際委員会、
特定非営利活動法人ロボカップ日本委員会、一般社団法人ロボカップジュニアジャパン

開催日時: 2017年7月27日(木)~30日(日)9:00~18:00(予定)
※30日は16:00まで

会場: 名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)/ 武田テバオーシャンアリーナ

■アクセス詳細はこちら
■公式サイトはこちら