リクルートテクノロジーズが「動画内音声&手書き文字検索機能」の実証実験スタート

リクルートテクノロジーズが「動画内音声&手書き文字検索機能」の実証実験スタート

Posted date:2017.08.07

photo by Recruit Holdings Co.,Ltd

 リクルートテクノロジーズが、グループ企業であるリクルートマーケティングパートナーズのオンライン学習サービス『スタディサプリ』の講義動画を対象に、音声データおよび動画内の文字データ検索機能の実証実験を行う。

 同実証実験が成功すれば、テキストマイニングやディープラーニングを用いた動画データ解析技術により、講義動画内の音声データ(先生の声)や文字データ(黒板の文字)を簡単に検索できるようになる。実験は、音声データ検索機能(2017年8月7日以降)、動画内テキスト検索機能(2017年9月末以降)の2回、ユーザー100名を対象に東京都新宿区にある『スタディサプリラボ』で実施される。

 今回、実証実験が行われる「音声データ検索機能」と「動画内テキスト検索機能」は、リクルートテクノロジーズの研究開発機関・アドバンスドテクノロジーラボにて開発されている。スタディサプリ講義動画内の音声データ(先生の声)や文字データ(黒板の文字)をテキスト化できれば、動画内にある「ユーザーが本当に見たいシーン」を簡単に検索できるようになる。なお今回の実験は、検索可能動画をスタディサプリが提供する講義動画1万本のうち、高校3年生向けの理科・社会の講義に特化したものとなるそうだ。