KDRA・ADROについて

KDRA・ADROとは

KDRA
 韓国ドローンレーシング協会(KDRA)は、個人、企業、チーム(同好会、クラブ)で構成されている非営利団体であり、RCドローンとFPV(First Person View)を利用した競技大会やイベントを展開しています。

ADRO
 アジアを中心としたドローンレース団体が加盟した連盟組織です。これまで、韓国や中国を中心に、各国ドローンレース団体参加のもと国際大会を実施してきました。

KDRA会長挨拶

 KDRAは、ドローンレーシングの発展および活性化、ドローンパイロットの権利向上を図り、国際ドローンレーシング大会の組織・運営やプロリーグ化に努めております。また、韓国国内の関連法規制の改正、ドローンレーシングの標準化(ルールおよび規制)に寄与するとともに、ドローンアカデミー運営を通じた技術の普及に邁進する日々を送っております。

 これまで韓国国内においては、自治体や国内大手通信企業KT、そしてTV局やメディアのバックアップの下、定期的かつ大規模な大会を組織してきました。そのため韓国では、ドローンレースの認知度が日を追うごとに高まりを見せています。今後は、アジアそして世界各国においてもハイレベルなドローンレースを組織・運営するため、関係各所との連携を強化しております。2018年に開催される平昌オリンピックに向け、ドローンレースの地位を確立するのも、KDRAが掲げる大きな目標のひとつです。

 KDRAは、ドローンレース、ひいてはドローン産業全体の未来に向け、日本の関係者の皆様とも連携を深めていきたいと考えております。ドローンレースを通じた新しい人的・技術的な交流が実現することを心から願っております。


お問い合わせについて

 KDRAおよびADROでは、以下の項目などにつきまして、お問い合わせをお待ちしております。KDRAの沿革・各種資料につきましては、ページ下部よりPDFファイルでご覧になれます。ADROにつきましては、メールフォームから直接、ご質問をいただければ幸いです。企業、団体、個人様などの皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

-KDRAおよびADROが運営する大会・イベントなどへのスポンサードのご相談
-KDRAとの団体提携、ADRO加盟に関するご相談
-KDRAとの共同イベント、またKDRAに所属する選手の日本への派遣
-韓国・産業用ドローン分野に関するお問い合わせ
-その他

※株式会社ロボティアでは、日本国内におけるKDRAの代理店業務を行っております。お問い合わせ内容につきましては、弊社で確認の上、KDRA・ADROと協議させていただきます。

協力・協賛団体及び企業


KDRA・ADRO関連ニュース

2017.07.04 世界トップの中学生ドローンレーサー:キム・ミンチャン選手が「シミュレーショントラック」を公開!
2017.06.19 アジアトップドローンレーサー「キム・ミンチャン」平昌五輪の聖火ランナーに推薦
2017.04.19 ロッテハイマート×KDRA「ドローンフェスティバル」開催
2016.07.05 小学生から兵士まで...ドローンレース大会に訪れた人々が語る新たなスポーツへの夢