米フロリダ大学が開発する脳波で飛ばすドローン

 次世代テクノロジースポーツとして注目を集めるドローンレース。2016年4月25日には、米フロリダ大学が「ブレイン・ドローンレース(Brain-Drone-Race)」なるイベントを開催した。これは、頭に脳波(EEG)を記録するヘッドセットを装着。思考だけでドローンを操縦するレースだ。 ドローンには、脳-コンピュータインタフェース(BCI)技術が搭載された。 BCIは考えや心理作用でコンピュータを操作する技術のことを指す。大会には16人の選手が参加し順位を競った。
企業名:フロリダ大学(University of Florida)