セレボ社、可変型プロジェクターロボット・テフロンを公開

ロボティア編集部
ロボティア編集部

 可変型プロジェクターロボット・テフロン(Teflon)は、セレボ(Cerevo)が開発した家庭用ロボットだ。3mの距離から80インチの画面を表示することができるプロジェクター機能を備えており、自在に投影位置を変えることができる。また、スマートフォン用アプリを利用してリモートコントロールすることも可能で、電源が不足すると自ら充電ステーションに移動する機能もついている。

 テフロンにあらかじめスケジュールを設定しておけば、決められた時間に指定した場所に移動する。またTwitterなどSNSと連動する機能も搭載されている。今後、インターネット接続機能を発展させ、さまざまな動画サービスとも連携する計画だという。同製品は、1月4日から9日まで、米ラスベガスで開催されたCES2016で披露され、今年発売予定である。

(ロボティア編集部)