史上最大規模だったCES2017...話題集めたホームロボットと自動運転車

史上最大規模だったCES2017...話題集めたホームロボットと自動運転車

関連ワード:AI CES イベント 自動走行車

Written by Pocca

Posted date:2017.01.13

CES2017
photo by ces.tech

 今月5日から8日までアメリカのラスベガスで開催された国際家電見本市「CES 2017」。いまや世界最大のトレードショーであり、北米最大規模といわれるアメリカの国際家電ショーである。

 今年で50周年を迎えたCESは150か国余りから3800社以上の企業が参加し、観覧客も17万人に迫るなど、史上最大規模で行われた。イベントでは、IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)、自動走行車などが話題を集めた。

 特に、今回は主要3会場のうちの一つを自動車関連の展示が占めた。トヨタ自動車をはじめ、ホンダ、ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、フォード、現代・起亜(ヒュンダイ・キア)、フィアット・クライスラーなど全世界から数々の自動車メーカーがブースを設け、最新の自動走行技術を公開し、「ラスベガス・モーターショー」とまで呼ばれた。

ホンダ_NeuV
ホンダ「NeuV」 photo by honda.co.jp

 ホンダは、人工知能(AI)を搭載したEVコミューターのコンセプトカー「ニューヴィー(NeuV)」を公開した。こちらは、自動運転機能を備えるとともに、機械自らの感情を擬似的に生成する機能を有するAI技術「感情エンジン」(ソフトバンクグループ傘下のcocoro SBが開発)を搭載した。また、ASIMO(アシモ)に代表されるヒューマノイドロボット研究で培った独自のバランス制御技術を二輪車に応用した「Honda RidingAssist」を初公開した。こちらはバイク自体がバランスを保つことで、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減するというもの。

 また、ヒュンダイは会議場のブースでVR(仮想現実)技術を通じて自動走行仮想運転プログラムを披露した。その上、運転者を自動車と連結する健康関連ソリューションも併せて公開した。

1 2 3