コンチネンタルとマグナ・インターナショナル「 米国・カナダ間の公道480㎞」で自動走行車のテスト開始

コンチネンタルとマグナ・インターナショナル「 米国・カナダ間の公道480㎞」で自動走行車のテスト開始

Posted date:2017.08.03

 米国・ミシガン州とカナダ・オンタリオ州を繋ぐ480㎞にわたる公道で、自動走行車のテスト走行が成功裏に行われた。同テストは米国とカナダの国境間における、初の自動走行車実験となった。

 コンチネンタルとマグナ・インターナショナル社の自動走行車テクノロジーを搭載した2台の自動車(キャデラックATS、クライスラー300)は、7月31日にミシガン州南東部を出発。オンタリオ州ウィンザーに入り、そこから同州サーニアに向かい北上し、再びミシガン州に戻ってきた。

 自動走行車は、終着地点・トラバースシティに到着した後に、多くの関係者の歓迎を受けた。両社は、国境を通過する場合などの特殊な状況下で、どのような技術が必要となるかを知るのに有用だったとテスト走行の意義を述べている。

 自動運転車の試験走行としては初となる、米国・カナダの国境を越える実証実験が始まったことにより、コンチネンタルやマグナ社、およびミシガン州運輸省(MDOT)、オンタリオ州運輸省(MTO)は、多様な設定で自動運転技術をテストすることができるようになった。

「本日の、国境を越えた自動運転試験走行は、米国・カナダ両国と民間企業による前例のない協力体制の実績を示すものだ」(MDOTのカーク・ステュードル長官)

 一方、マグナ・エレクトロニクスのグローバル・プロダクツ部長トム・トマ氏は、両国の協力を高く評価。次にように述べている。

「弊社は、イノベーションと、将来のモビリティの展望の究明にコミットしており、このプロジェクトに参加することは当然のことで、手を使う必要のない車の旅に私たちがパートナーとして加われるのは大変喜ばしいことです」

 コンチネンタルの自動運転システム「クルージング・ショーファー」を搭載した自動車は交通規制に従いつつ、道路上の運転を担う。クルージング・ショーファーを起動すると、アシステッド&オートメ―テッド・ドライビング・コントロール・システム(支援運転・自動運転制御システム)と呼ばれる中央制御装置が分析されたデータを使用。車両周辺360度のモデルを作りだす。そして高解像度地図と組み合わせ、システムが動くものや静止しているもの、前方の道路のレイアウトなどすべてを認識する仕組みになっている。

1 2