自動車産業を拠り所に躍進するカナダのインダストリー4.0

自動車産業を拠り所に躍進するカナダのインダストリー4.0


Posted date:2016.07.11


カナダオンタリオ州_インダストリー4.0
 IoT(Internet of Things, モノのインターネット)などの最先端技術を活用して製造現場の徹底的な効率化などを目指す「インダストリー4.0」への取り組みが、欧米および日本国内で加速化しています。実際に、デジタル化された「スマート工場」の取り組み事例が欧米を中心に見られるようになってきました。

 インダストリー4.0とは、センサーやビッグデータ解析からコミュニケーション・ネットワークやクラウド・サービスに至るまで、多くのイノベーションのすべてを合わせたものを表します。しばしば製造業のデジタル化とも称されます。そこではサイバーフィジカルシステム(*)が常時互いに、生産する商品やそれらを動かす人たちと、コミュニケートできます。

※サイバーフィジカルシステムとは、実世界(フィジカルシステム)のセンサーネットワークなどからの情報をサイバー空間(サイバーシステム)と結び付け、より効率的な高度な社会の実現を目指すサービスおよびシステムのことをいいます。

 インダストリー4.0の世界では、これらのシステムは、システム自身に対し、状況の変化に適応することを教えることができるのが大きな特徴です。つまり、自身のパーツに対して命令し、自身のメンテナンスや修理を計画することさえできます。こうした動きの中核を担うのが産業用ロボットであり、今、ロボット工学の現場ではIndustry 4.0旋風が巻き起こっています。

カナダ・オンタリオ州がインダストリー4.0をけん引するロボット技術の新たな集積地に

 カナダ・オンタリオ州が今、産業用ロボット技術の集積地として脚光を浴びています。なぜオンタリオ州なのでしょうか?同州では、トヨタ・ホンダ・GM・クライスラーなど世界の自動車メーカーが操業し、北米最大の自動車生産地域として長年繁栄してきました。厳しい市場競争下にある自動車業界では、生産効率を高めるべく、工場の自動化など、様々な生産技術の高度化がなされてきました。自動車生産で培われてきたその技術が今、同州のロボット産業の成長の原動力となっているのです。

■進出企業事例1:ファナック・カナダ

 オンタリオ州で操業している産業用ロボット企業の例をご紹介しましょう。「ファナック・アメリカ」の子会社でオンタリオに本拠を置くファナック・カナダ(FANUC CANADA)は、日本から進出している企業の一つです。同社のピーター・フィッツジェラルド・ゼネラルマネージャーは「実際に、ロボット工学はそれ自身の進化を経てきているのです」と、言います。

 フィッツジェラルド氏によると、1950年代に登場した最初のロボットは、単純で、反復可能な信頼できる動きをすることを可能にする数値制御を持っていました。その後、1980年に始まった「ロボティックス2.0」では、インテグレーションによってロボット自身が果たせる機能の幅が広がり、例えば、工場の組み立てラインで自動車の溶接や塗装のほか、金属の切断、物をつかむことやパッキングが行えるようになりました。


※FANUC社製産業用ロボット

ロボティックス4.0:高度化の新たな段階へ

 2010年、インテリジェント・センシング(知的計測、センサー自体がデータ処理やメモリ機能を内蔵しプログラムを組むことができる)技術によって、ロボットは“見る”ことができるようになりました。その結果、工場における作業の正確性が向上、より迅速かつより効率的に動くことが可能になったことで、市場への投入時間を短縮できるようになりました。

「我々が今、足を踏み入れつつあるロボティックス4.0では、ロボットシステムが、他のロボットや人間と簡単かつ安全につながり、協働することで、作業を完了させたり、創造的に問題を解決できるようになります。今ではロボットは話をし、見て、触って、感じて考えることができるのです」とフィッツジェラルド氏は言います。

 インダストリー4.0で必要とされる機能性と高度さのレベルへの到達は、企業単独の力では到底なし得られません。多様なパートナーとの連携が不可欠です。オンタリオ州では、今や、この理念の推進に共鳴し参画するパートナーが次々と増え、そのネットワークは現在も広がり続けています。例えば、スタートアップ企業のコミュニティ、政府機関、エンジニアリングやITサービスプロバイダー、研究開発のラボなどです。「ファナックは、製造業の課題解決に役立つソリューションを提供するべく、何百という現地のインテグレーターと連携しています」

1 2