センサーで不審者も自動認識!ドバイ「無人パトカー」導入へ

センサーで不審者も自動認識!ドバイ「無人パトカー」導入へ

Written by Shinji Ikematu

Posted date:2017.06.29


photo by OTSAW Digital ウェブサイト


 UAE・ドバイ警察庁は28日、自律走行するパトカーを開発する計画を発表。また開発のために、シンガポール企業・OTSAWデジタルと提携関係を結んだと明らかにした。

 ドバイ警察庁はOTSAWデジタルが開発した警備用自動走行車「O-R3」を基本モデルとし、ドバイの実情に合わせたパトカーの研究・開発を進め、実際のパトロール業務に投入していく計画だ。

 O-R3の重量は約80㎏。車体後部にはドローンを搭載する。地上および上空から警備対象者を追跡して、顔写真などデータを撮影・収集することができる。

 ドバイ警察庁側は「自律走行型のパトカーには、警察庁の指揮統制室と接続されたカメラ複数台、また検出した状況を撮影して送信する機能が搭載されるだろう(中略)認識センサーを使って、挙動が不審な人物、指名手配犯、事故車などを洗い出す」と説明している。

 自律走行型パトカーの試験モデルは、今年10月にドバイで開催される情報技術展示会「GITEX」で披露される予定。なおドバイ警察庁は先月5月に、屋内外をパトロールして不審者や緊急状況を検出する「ロボット警察」の運用を開始している。

■関連記事
-不審者を徹底的に追跡「無人警備車両」が登場…ドローン搭載型も
-米フォードがドローン搭載自動走行車「Autolivery」構想を公開
-自動走行車など自律型ロボットの衝突回避アルゴリズムが登場か
-ドイツが自動走行車に「ブラックボックス」の設置を義務化の方針

参照
gulfnews.com
jerusalemonline.com