中国銘酒「茅台酒」の倉庫保守に警備用ロボット&ドローンが正式導入

中国銘酒「茅台酒」の倉庫保守に警備用ロボット&ドローンが正式導入

Written by Sun Baibai

Posted date:2018.03.30
Photo by baidu

中国の「国酒」として有名な蒸溜所・白酒のひとつである「茅台酒(マオタイ酒)」の生産工場に、パトロール用ロボットが正式に採用された。導入されたのは、EC大手・京東(JD)のロボットだ。

茅台酒を製造・販売するマオタイグループは、中華新区にある生産拠点にふたつのパトロールロボットを導入した。ひとつは、倉庫用パトロールロボット、そしてもうひとつがドローンである。両ロボットは、空中&地上で連携してパトロールを行う。なお、同プロジェクトは、マオタイグループの情報センターと京東グループのX事業部が共同で行った最初のプロジェクトとなる。

昨年10月、京東グループとマオタイグループは、ブランド構築、商品マーケティング、物流協力、電子商取引流通などのために手を組んだ。続いて、パトロールロボットの稼働で協力した。今後は、電子商取引、物流、金融分野で協力を強化していく予定である。

マオタイグループは、情報化戦略を重要な発展の指針としている。今回のパトロール点検システムは、「スマートマオタイ戦略」の一環だ。茅台酒の工場に導入されたパトロールロボットは、環境観測、赤外線温度測定、煙探知、熱赤外線異常、火災警報など、さまざまな機能を保有しているという。

両ロボットはともに360度の動画撮影が可能であり、パトロール任務をしながら事前に決められた計画に沿った警備を行う。作業中、リアルタイムで取得した情報をコントロールセンターに報告し、ナビゲーション異常やバッテリー減少などが生じた場合には、警告を送る仕組みになっている。

京東のパトロールロボットは、すでに京東自社の物流倉庫にも導入されているが、今回は茅台酒工場に適応できるようにカスタマイズサービスを提供したという。今後、京東はマオタイグループに、カスタマイズした「倉庫スマート化サービス」を提供していく予定だ。京東側の物流技術と、マオタイグループの倉庫管理技術を結合し、物流コストを下げながら出荷効率を高める狙いだ。