不審者を徹底的に追跡「無人警備車両」が登場…ドローン搭載型も

不審者を徹底的に追跡「無人警備車両」が登場…ドローン搭載型も

Posted date:2017.05.25

photo by Otsaw Digital

 広域なエリアを自律走行し、捕捉した侵入者をドローンで追跡する――。そんな、ロボット警備車両が登場した。シンガポール企業「Otsaw Digital」が開発した「O-R3」だ。

 O-R3は、重量約80kgのゴルフカートサイズのロボットカー。機械学習など人工知能アルゴリズム、自律走行のための3D-LIDARセンサー、GPSなどが搭載されている。中央管制室と接続され、オペレータは、機体の状態やセキュリティ状況をリアルタイムでチェックすることができる仕組みだ。またフロントカメラには、オブジェクト認識技術が採用されており、従業員と部外者を判別することができる。

 O-R3は、敷地内や立ち入り禁止エリアに侵入した部外者を発見すると、内蔵されたドローンで追跡を行う。また所有者が不明な怪しい袋など物体を検知し、持ち主が5分経過しても現れない場合、警報アラームを鳴らす。

 O-R3の1ヶ月のレンタル費用は1万ドルとのこと。 24時間、休憩時間を必要とせず警備活動に従事する。人間の警備員を雇用するよりも、コスト的には割安になるというのが、Otsaw Digital社側の説明だ。現在、ドローンが搭載されていないタイプの屋内警備車両も開発が進んでいるという。

【関連記事】>>>刻一刻と迫る、人工知能ロボットを犯罪捜査・更生に導入する未来
【関連記事】>>>ロボットビジネスが激変!?「ロボティクス・アズ・ア・サービス(RaaS)」とは何か
【関連記事】>>>警備用ロボットが暴走…米国で幼児に突進し軽傷を負わす
【関連記事】>>>空からクラゲを監視!?海水浴場を守るドローンの使い道とは

参照
ubergizmo.com
engadget.com