ビルメンテナンス・大成が大型施設でサービスロットの実証実験を展開

ロボティア編集部
ロボティア編集部
Photo by related Press release

総合ビルメンテナンスの大成が、アバターロボットを開発するMira Robotics、品川シーズンテラスと協力して、次世代型アバターロボット「ugo」(ユーゴー)の実証実験を行う。

東京都心では再開発が進み多くの大型オフィスビルが誕生している一方、少子高齢化が進み、ビルメンテナンス業界では人材不足が深刻化。業界内ではロボティクスの導入・活用が注目されてきた。ただ従来の単一動作型ロボットには柔軟性がなかったため、各施設の異なる環境・状況に対応できなかった。そのため作業範囲が限定的であるという課題が残っていた。

Mira Robotics 側によれば、ugoは直感的な遠隔操作および、AI技術による自律モードを併せ持つ次世代型アバターロボットで、ビルにおける警備ロボットとして活用でき、警備員の有効的な配置や移動時間の削減に資するという。3社は、実証実験を通じて、人間とロボットが効果的に協業できる具体的な業務プロセス構築を目指すとしている。また将来的に、構築した業務プロセスを大成の警備受契先へ展開。ビルメンテナンス業界他社への業務プロセス共有を通じて、同業界における施設警備の新手法として確立していくとしている。