ロボットベンチャー・SEQSENSEに聞く「日本の警備用ロボット」の未来

ロボットベンチャー・SEQSENSEに聞く「日本の警備用ロボット」の未来

Written by 河鐘基

Posted date:2018.02.15
Photo by SEQSENSE

ホテルや飲食店、また倉庫や小売店舗など、さまざまな産業にサービスロボットの進出が始まっているが、なかでも一際動向に注目が集まる領域がある。警備分野だ。一昨年頃から、海外では警備用ロボットが実用化され始めたとの報道が聞こえてくるが、日本の現状はどうだろうか。日本を代表する警備用ロボットベンチャー・SEQSENSEの代表を務める中村壮一郎氏、同社プロダクトマネージャーの佐伯純氏に話を聞いた。

※以下インタビュー、太線は取材者
※敬称略

-世界的に警備用ロボットの実用化が進もうとしています。現在、日本の市場規模や需要をどの程度だと見込まれていますか。

中村:まず国内では多くの産業において労働人口が減少を見せておりますが、警備・保安分野のそれは特に顕著です。有効求人倍率は全産業中トップクラスで8倍を超えている。完全に人手が足りていない状況です。加えて今後、高齢化がさらに進むのは確実。警備会社の方々、ビルのオーナーの皆様も危機感を抱えていらっしゃいます。そういう意味では、警備用ロボットの潜在的な市場規模、および需要はとても大きいでしょう。

我々はさまざまな領域で使える自律移動型ロボットを開発してきましたが、そのようなマクロな要因を鑑みつつ、東京五輪なども見据え、警備という分野に特化して会社を立ち上げた経緯があります。仮説がかなり合っていた部分もあり、現在、多くの問い合わせをいただいている状況です。

-問い合わせは、どのような方々からいただくことが多いのでしょうか。やはり警備会社ですか?

中村:警備会社の方々もそうですが、警備を実際に委託されている施設のオーナーの皆様から問い合わせをいただくことが増えていますね。

-SEQSENSEという企業、また御社における警備用ロボットの開発状況などについて教えてください。

中村:SEQSENSEは、2016年10月に設立された大学発のスタートアップです。警備用ロボットに関するプロジェクト自体は3年ほど継続してきた状況で、研究自体はさらに長年にわたって続けてきました。エンジニアの平均年齢は30歳代前半で、とても若い会社です。現場で手を動かすスタッフの数は15名ほどとなっています。

2017年の12月からは実証試験を開始していますが、2018年はテストおよび開発を続けながら、本格的なビジネス化の用意を図っていきたいと考えています。今後、大規模な公共施設や、大手オフィスビル内での実証実験も予定しています。

なお弊社では警備・管理・監視をワンセットで考えながら開発を進めていますが、インフラ関係各所やデータセンターなどからのお問い合わせも増えています。想定以上のお声がけではあるのですが、次のステップとしてそのような新たな領域にも踏み込んでいきたい。ただ、まだ実用化を果たした訳ではないので、導入を考えていらっしゃる方々との対話を続けながら、今年1年かけて技術的側面をじっくりアップグレードしていく計画です。

1 2 3 4 5