日韓で「ロボットバリスタ」続々出現…飲食業の自動化はカフェから始まる!?

日韓で「ロボットバリスタ」続々出現…飲食業の自動化はカフェから始まる!?

Posted date:2018.02.01
Photo by danal.co.kr

旅行代理店大手HISが、無人コーヒーショップ「変なカフェ」を渋谷でオープンすることが伝えられた。変なカフェでは、ロボット(プラットフォーム名:バクスター)がバリスタの役割を果たし、顧客にコーヒーを振る舞うという。

朝日新聞などが報じたところによれば、自販機でチケットを購入後、そこに書かれたQRコードをロボットに提示すれば自動でコーヒーを注いでくれるという。その時、ロボットは「あなたよりもっとおいしくコーヒーをいれます」など、顧客とコミュニケーションも図る。カフェのメニューは7つで、1杯つくるのに2~4分の時間が必要とのこと。価格は300円台など、一般のコーヒーショップと比べてそれほど高くも安くもない金額が設定されている。

ロボットがサービスしてくれる無人カフェは、世界的に増えていく兆候を見せている。例えば、韓国では決済企業・ダナルが運営するコーヒー専門店「タルコムコーヒー」が、1月20日にロボットカフェ「ビート(b;eat)」を紹介するショーケースを開催している。

ビートは約2坪のスペースに設置可能なバリスタロボット「ルーシー」と、モバイル注文&決済システムを組み合わせたカフェとなる。タルコムコーヒー側は、「ルーシーは14種類の飲み物をつくることができ、1時間に90杯の飲み物を提供することができる」と説明している。またタルコムコーヒーは、ルーシーをリース方式で仕入れカフェを開けば、創業費用を大幅に削減できると強調している。利用費用(30%前払い・48ヶ月運用基準)は、月額20万円ほどだ。

タルコムコーヒーのチ・ソンウォン代表は「低コストで高効率を得るために設計された。また占有スペースが少ないので家賃も減る(中略)ロボット管理者が一日一回訪問すれば管理可能で、売上比で高い利益をもたらすことができる」と述べている。

1 2