ロボット工場化を進めるアディダス...24年ぶりに独で生産再開

ロボット工場化を進めるアディダス...24年ぶりに独で生産再開

Posted date:2016.05.29

スピードファクトリー
photo by adidas

 安い労働力を求めアジアに工場を展開してきたアディダスが、24年ぶりにドイツ国内でスニーカーの生産を再開する。背景に価格競争力に強みをみせる、ロボット工場「スピードファクトリー(speed factory)」の存在がある。

 仏AFP通信は25日、「スポーツ用品メーカー・アディダスが、2017年からドイツ国内でロボットを利用したスニーカーの生産を開始する」と報じた。アディダスは、1993年にスニーカーの生産工場を人件費の安いアジアに移転。今回、その安い人件費をさらにロボットで代替できるという予測から、ドイツ国内での生産を再開することにした。ロボットの導入による“資本の先進国回帰”という現象を示す好例となりそうだ。

 アディダスは、昨年末からドイツ・バイエルン州アンスバッハに、4600㎡規模のスニーカー工場を建設している。ロボット工場=スピードファクトリー構想の一環だ。ここで、2016年第3四半期にスニーカー500足を試験的に生産した後、2017年からは本格的に大量生産を開始する計画だ。アディダスは、ドイツに続き、アメリカでもスピードファクトリーを運営する予定であり、長期的には英国とフランスでもロボット工場を設置する未来図を描いている。

 アディダスは、2015年に3億100万足の靴を生産。2020年までに、毎年3000万足ずつ生産量を増やしていく計画だった。ただ、アジアの人件費上昇が計画を進める上での問題となった。代案として、コストが低下してきたロボットを導入。ヨーロッパやアメリカなどで、ロボット工場を設立する計画を進めてきた。

 ヨーロッパやアメリカなどは、消費市場と距離が近い。加えて、アジアから製品を輸送するコストと時間、二酸化炭素の排出量などを減らすことができる。ちなみに、スポーツブランドのロボット工場化、先進国回帰はアディダスだけ現象ではない。競合企業のナイキも、ロボット工場設立を推進している。

1 2

参照
adidas-group.com
afpbb.com
theguardian.com