マイナス成長のデンマーク経済…ロボット導入・自動化で復活か

マイナス成長のデンマーク経済…ロボット導入・自動化で復活か

Written by 河鐘基

Posted date:2016.08.23


ロボット_デンマーク

デンマークの代表的なロボット企業・ユニバーサルロボット photo by universal robots


 北欧の福祉国家として名高いデンマーク。OECDは、同国の経済成長率が今年1.0%成長を達成、また来年2017年には1.8%成長を記録すると予想している。2013年には-0.2%成長と、経済的活力を完全に消失してしまったかのように見えたデンマークだが、一転、驚くべき復活を遂げようとしている。

 デンマークは、高齢化や人口・生産性の低下が顕著な国のひとつだ。また福祉への支出がかさみ、財政的にも難しい状況が続いていた。過去20年間、高齢化に伴い、技術を持つ熟練労働者も減少し続けてきた。そんななか、成長率が再び1%台にまで回復した理由のひとつとして、生産ラインにロボットを投入し、工場の自動化を達成したことが挙げられている。

 人口570万人のデンマークについて、済協力開発機構(OECD)は、2015年現在、100万人となる65歳以上の高齢者人口が、2030年にはさらに27%増加すると予想。一方、労働人口(20〜64歳)は、0.5%減少すると分析している。

 そんなデンマークで、労働力不足を解消する手段として注目されているのは、外国人労働者=すなわち移民を推進することだった。が、政権を持つ自由党と連立したデンマーク国民党(PP)が、これを許さず。反移民世論を牽引し、若く、安い労働力を海外から受け入れることは難しい状況にある。

 一方、デンマーク政府は国内総生産(GDP)の3分の1におよぶ福祉支出に毎年耐えなければならないという困難を抱えている。現在、年金受給年齢は65歳だが、2030年までに68歳に引き上げられる予定だ。そのため、デンマークの企業も定年を遅らせる傾向にある。高度に発達した福祉制度の維持は経済成長が前提となるが、その土台が揺るぎかねない状況に追い込まれていたのだ。

 そんなデンマーク経済が見つけた突破口。それは、ロボットによる生産プロセスの自動化だった。デンマークでは、熟練した技術者が不足しはじめると、2013年から60の工場で産業用ロボットを積極的に投入する「自動化プロジェクト」が開始された。工場の自動化プロジェクトのために政府からの投資を受けた企業は、2年ぶりに投資を返済し、さらに利益を生みだすまでに成長した。このような政策に支えられ、デンマークのロボット密度(生産労働者1万人当たりに稼動する産業用ロボットの台数)は、1位の韓国、2位日本、3位ドイツなどに続き、第6位を記録するまでにいたった。結果、経済は再び活力を帯び始めた。

1 2

参照
bloomberg.com
hankyung.com
OECD