「AIとロボットが世界経済を牽引」...移民・女性・高齢者に続く第4の労働リソースに

「AIとロボットが世界経済を牽引」...移民・女性・高齢者に続く第4の労働リソースに

Written by Shinji Ikematu

Posted date:2016.12.19

人口_移民_ロボット
photo by Humanrobo(via wikicommons)

 グローバル投資運用会社モルガン・スタンレーのチーフグローバルストラテジスト、ルチル・シャルマ(Ruchir Sharma)氏は、ワシントンポストに寄稿。記事のなかで、「今後、世界的に生産可能人口が減少する。高齢化時代に入れば、ロボットが人の雇用を奪うよりも、労働の重要な資源として活用されるだろう」と指摘した。

 国連のレポートによれば、世界の人口は現在の73億人から、2050年には100億人に増加する見通しである。各国の専門家は、このような人口増加が起きた時、何が起きるかそれぞれに推測している。例えば、食糧危機が訪れ、反移民主義者が国境封鎖などの声を高めると予想するものもいれば、ロボットが労働者と対立し、雇用を奪う状況になるとするものもいる。

 シャルマ氏は、このような視点に異論を提起する。世界人口が2050年までに25億人増加したとしても、重要なのは人口の絶対数ではなく人口成長率だというのが、その論拠だ。

 人口増加率は、1960年代に頂点に達した後、半分まで低下している。女性が子供を出産する数は減少しており、チリから中国にいたるまで多くの国では、15〜64歳の労働力が減少傾向にある。

 一方、医療およびヘルスケア技術の発展に伴い、人々の寿命はますます伸びている。全人口のうち、仕事を退職した高齢者が占める割合は、ますます高まっている。シャルマ氏は、そのような傾向が経済成長に障害となっているが、ロボットが多くの国で解決策を提示していると主張する。

 シャルマ氏は、経済成長は生産可能人口の増加と、生産性の向上に左右されるとする。しかし、米国の場合、生産性の向上は戦後から約半分ほどに落ち、労働力の増加率は急速に低下している。

1 2 3

参照
washingtonpost
ndtv.com