デンマークから生まれた協働ロボットの新鋭「ユニバーサルロボット」の誕生秘話

デンマークから生まれた協働ロボットの新鋭「ユニバーサルロボット」の誕生秘話

Posted date:2015.08.30

ユニバーサルロボット
ユニバーサルロボットHPより

英フィナンシャル・タイムズは最近行われたイベントで、人とともに働くコラボレーションロボットが生産現場の風景を変えるという見通しを発表した。人との接近を遮断し、安全柵の中で作動していた伝統的な産業用ロボットに代わり、人と同じ空間で作業を行うコラボレーションロボットが生産現場の主役に浮上しているという分析である。

また、同業界の専門家たちは、賃金引き上げと労働力不足という挑戦に直面した産業界が、コラボレーションロボットに解決策を見出そうとしていると指摘する。現在、人件費が低かった中国、東南アジアなどに熱心に生産拠点を移していた先進国メーカーが、自国で生産ラインを再構築する傾向が現れているが、その中心にコラボレーションロボットがあるという点は見逃せない。フィナンシャル・タイムズは、これまで人間の器用さや視力に頼っていた作業をコラボレーションロボットが引き受け、工場の自動化が一層加速化されるという分析もしている。そんな、コラボレーションロボット分野にイノベーションをもたらしている企業がある。デンマーク産業用ロボットメーカー「ユニバーサルロボット(Universal Robots)」だ。

ユニバーサルロボットは、コラボレーションロボットを引き連れ、産業用ロボット市場にイノベーションの風を起こしている。ユニバーサルロボット社製の産業用ロボットは現在、ジョンソン&ジョンソンやフォルクスワーゲンなどの製品製造工程において使用されていることで有名である。

まだ企業の外形は小さいものの、その潜在力は非常に大きい。ユニバーサルロボットは 2005年にエンジニア出身であるエスベン・オステルガルド氏、キャスパー・ストイ氏、クリスティアン・カーソウ氏の3人によって創業された。彼らは、デンマーク・ シダンスク大学で共同研究を進めながら、やがて産業用ロボット開発の道に足を踏み入れる。

3人は産業用ロボット業界の因習を引き継ぐよりも、新しい技術革新の道を模索した。イノベーションは産業用ロボットに対する素朴な疑問から始まった。

1 2 3 4 5