中国「協働ロボット」需要が着実に増加...2020年までに販売台数4倍以上に

中国「協働ロボット」需要が着実に増加...2020年までに販売台数4倍以上に

Posted date:2017.11.14

Photo by rethink robotics

人間の仕事をサポートする協働ロボット(コ・ロボット)の販売数が、中国で急増すると予測されている。

チャイナデイリーが引用した資料「Blue Paper of the Cobots Industry for 2017」によると、中国のパートナーロボット市場規模は、2020年までに13億元(約222億円)、販売台数1万2000台に達する見込みだと言う。なお2016年に中国で販売された協働ロボットは約2300台。前年比109%増で、市場規模は83.89%増の3億6000万元(約606億円)に達した。

協働ロボットは、共有ワークスペースで人間と作業できるように設計されており、安全柵の中で稼働していた従来の産業用ロボットとは対比される。協調性や安全性が高いのが特徴だ。何よりも低コストで、中小企業にも適している。

協働ロボット大手・ユニバーサルロボットCEOのJürgenvon Hollen氏は、「中小企業のニーズはそれぞれ異なる。全世界の製造の約70%を占める600万以上の中小企業は、これまでロボットの世界から軽視されてきた(中略)協働ロボットの活用は企業の大きさとは関係なく、すべての企業は自動化で利益を得ることができる」としている。

2016年に全世界で販売された協働ロボットの数は1万500台。前年比95.35%増加した。市場規模は91.44%増の約335億円だ。

参照サイト