中国も自動走行で公道テストへ…高速道路で1800km走行予定

ロボティア編集部
ロボティア編集部

Photo by msn china
Photo by msn china

 世界の自動車メーカーが続々と自動運転分野に参入をするなか、中国自動車メーカー「ビッグ5」の1社「長安汽車」が2016年4月から公道テストを開始すると発表。重慶市から北京市までおよそ1800kmの距離で試験走行を行うとしている。中国自動車メーカーとしては初の試みだという。中国自動車専門サイト「網通社」などが1月26日付で報じた。

 長安汽車は、中国政府の第12次五カ年計画の期間中(2011~2015年)に160億元(約2880億円)、第13次五カ年計画で300億元(約5400億円)もの巨額資金をスマートカーの開発に投じているという。

 同社ではこれまで私有地での試験走行を重ねてきたが、2016年から高速道路での試験運転を開始する予定だ。長安汽車の副社長は「高速道路での走行技術の完成度は現在のところまだ60~70%」とのこと。まずはファミリー向けの中型車での試験走行を予定しているという。長安汽車はまた、すでに中国IT最大手「百度」と高精度ナビゲーションシステム共同で開発している。

 中国における自動運転の研究は、2003年に始まっている。国有大手・第一汽車と国防科技大学が共同開発し、自動運転技術を搭載した「紅旗」(VIP専用の高級車)を配備。2011年に「紅旗HQ3」が湖南省長沙から湖北省武漢(約350km)までの自動運転に成功したほか、自動車大手・吉利汽車がスウェーデンのボルボ社を買収した後、ボルボ社の持つ自動運転技術を取り入れ、開発を進めているという状況だ。