北朝鮮ハッカー部隊を「AI人材」として登用する...次期ソウル市長候補が仰天発言

北朝鮮ハッカー部隊を「AI人材」として登用する...次期ソウル市長候補が仰天発言

Posted date:2018.05.18
Photo by wikipedia

これまで韓国大統領候補として選挙活動を続け、現在ではソウル市長候補の一角となっている政治家アン・チョルス氏(正しい未来党)が、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)との融和ムードが高まるなかユニークな発言し、社会の注目を集めている。

アン候補は、韓国の大手紙のひとつ「ハンギョレ新聞」のインタビューを受け、ソウル市長選の公約を語った。そのなかで「北朝鮮のサイバー部隊を人工知能専門家として使おう」という趣旨の発言を行った。一体、どういうことだろうか。以下、インタビューの内容を一部引用する。

「北朝鮮の北朝鮮のサイバーハッカー部隊は注目に値する。韓国はそちら(のリソースや能力)が足りていない。経済交流が活性化すれば、まず北朝鮮の“サイバー戦士”たちを人工知能専門家として使おうと思う。サイバー戦争の脅威も減るし、彼らも国家発展のためにともに仕事ができるようになる。ソウル市がそれを牽引できる」(アン氏)

なおアン氏は、現在、韓国最大級のコンピュータセキュリティ企業となった「アンラボ」を起業した実業家でもある。そのITやテクノロジーに詳しい政治家という立ち位置から、北朝鮮との距離が縮まる時代を想定した、朝鮮半島の「人材活用構想」について語った形になる。

北朝鮮のハッカー部隊は通称「121部隊」などの名で知られており、韓国社会はそのサイバー攻撃によって少なくない被害を受けてきた。実は、韓国・文在寅大統領と北朝鮮の金正恩委員長が4月27日に板門店で歴史的会談を行った二日前にも、韓国の省庁に対して大規模なサイバー攻撃が加えられた事実が明るみになってもいる。

南北の融和ムードが本物なのか、定期的に行われる政治的ポーズに過ぎないのか、いましばらく見守る必要がありそうだが、前者ならアン氏の「北朝鮮ハッカーをAI専門家に登用する」という構想はとても興味深い。もちろん、他国からは道徳的な批判が相次ぐかもしれないが、メリットしかない両国にとっては気にもならないだろう。

1 2