レパートリーは2000種類!調理ロボット・モーリーは約180万円

レパートリーは2000種類!調理ロボット・モーリーは約180万円

Posted date:2015.04.28

ロンドンのロボット企業モリーロボット(Moley Robotics)とシャドーロボッティクス(ShadowRobotics)が共同で、自動調理ロボット・モリー(Moley)を開発し話題となっている。

2015年4月にドイツで開催されたハノーバーメッセ(Hannover Msse)産業博覧会で披露されたモリーは、訪れた観客の前でカニのスープを作って見せた。当然、人の介入はなし。モリーがスープを作るのにかかった時間は約30分だった。

モリーは、129個のセンサーと20個のモーターで構成されており、キッチンの天井部分にロボットアーム2個を設置した形で構成されている。ロボットは、人の手の構造を模倣して、ほぼ同じサイズで製作されており、洗練された腕の動作で調理器具を扱う。操縦は、組み込み式(built-in キッチンの壁に付着したタッチスクリーンの使用)、またはユーザーがスマートフォンにダウンロードした専用アプリを通じて行う2つの方法がある。2,000種類の食品調理過程がプログラミングされており、ユーザーの指示に応じて、簡単な調理補助から調理全過程までこなす。

ユーザーは、必要な食品を選択した後、好みに合わせて材料、所要時間、アレルギー食品を除くオプション、消費しようとするカロリー制限の設定、食品の種類、使用する調理器具などを設定することができる。モリーは、ユーザーのニーズを総合し調理した食品を提供する。

機械的動作のすべてを数学的に計算しコーディングすると、天文学的な時間がかかる。モリーロボット社は、それを避けるために撮影スタジオを設立し、動作認識カメラを複数設置。調理する際の人の動きを様々な角度で記録してデジタル化する方法を選択した。
スタジオ内でのロボットの調理学習は、提携したシェフチーム・アンダーソン(Tim Anderson)が担当した。ティム・アンダーソンは2011年のマスターシェフ・プログラムのチャンピオンであり、一流シェフだ。彼の動作は細分化され、データベースに保存されている。デジタル変換されたデータはロボットのプロセッサに入力され、製品のアーム部分の動作のために順序付けされる。

1 2