食のIT&技術革命「フードテック(foodtech)」がやってくる

食のIT&技術革命「フードテック(foodtech)」がやってくる

Posted date:2016.05.23
フードテック_インポッシブル・フーズ2
インポッシブル・フーズ社の食品 photo by impossiblefoods

 「フードテック(foodtech)」という言葉が広く普及しつつある。これは、食品関連サービスと情報通信技術(ICT)が融合した新しい産業分野を指す言葉だ。昨今、そのフードテックは食料の生産から加工、そして食卓に並ぶ瞬間まで全過程の技術に取り入れつつある。

 なかでも、「分子調理法(分子ガストロノミー)」は、そのフードテックの代表的な事例のひとつとなる。

 食材を分子単位まで研究・分析することから名付けられたこの調理法では、食材の質感や調理過程を分析。粉砕したり、泡にすることで、味や香りを失わないまま調理を行う。調理器具としては、おなじみのものから最先端の技術を取り入れた機器まで利用する。

 分子調理法を使用して、思いがけない原料から肉類を作り出すこと可能だ。例えば、米スタンフォード大学生物学教授であるパトリック・ブラウン(Patrick O. Brown)氏が設立したインポッシブル・フーズ(impossiblefoods)社は、植物で肉や卵、チーズなど動物性の食品を再現している。同社はこれまでに、植物性の材料だけを使用し、見た目も感触も味も本物そっくりなハンバーガーを作り出した。

 サンフランシスコのハンプトン・クリーク(hamptoncreek)社は、10あまりの植物を用いたマヨネーズ、卵、クッキーの生産を専門としており、カリフォルニア州のビヨンド・ミート(beyondmeat)社もまた、大豆製の骨なしチキンとビーフ・クランブルを販売している。

 さらに、オランダのマーストリヒト大学(Maastricht University)研究チームは、2013年に牛の筋肉組織の幹細胞を育て、米粒ほどの人工肉組織を数千個作り出した。そこへ白色の筋肉細胞である色素タンパク質を加えて人工肉を完成させた。

 こうした企業の多くは、「現在売られている食肉や乳製品を生産するための既存のシステムは、全く持続可能ではない」と警鐘を鳴らしている。つまり、彼らのフードテックの技術は、資源の過度な利用と環境への悪影響を減らすために開発されたことになる。実際、食肉生産量と消費量は2050年までに70~80%の増加することが見込まれている。それらを抑えるために、世界的に食肉の代替物の需要が急速に高まっている。

1 2

参照
cnbc
dailymail
naturalmachines.com
moley.com