垂直農場、食用昆虫、ロボットキッチン...フードテックと食の未来

垂直農場、食用昆虫、ロボットキッチン...フードテックと食の未来

Written by 河鐘基

Posted date:2016.09.17

フードテック_Freight Farms
Photo by Freight Farms

 フードテック(Food Tech)とは、食品(Food)と技術(Technology)を掛け合わせた言葉で、食品の生産・保管・流通・販売など関連分野における最新テクノロジーや手法を指す。この言葉がカバーするのは、農産物の生産、食品供給、製造、および管理、食品・レストラン検索、注文と配達、消費、ソフトウェア、ハードウェアなど、食品産業に関連するあらゆるビジネス領域だ。

 フードテックという言葉はまた、バイオエネルギー(bioenergy)、バイオマテリアル(biomaterial)、機能性食品(alicament)、代替食品、農業と情報通信技術が融合した知能化された農場「スマートファーム」や、IoTとキッチンが融合した「スマートキッチン」など、食と関連した先端テクノロジー分野も包括する。

 世界的に見た時、ベンチャーキャピタルなどによるスタートアップへの投資規模は、前年比2014年78%、2015年44%増加しているが、そのなかでもフードテック関連のスタートアップへの投資は、それぞれ166%、92%とより高い増加幅を見せている。

 フードテックのなかでも特に注目を集めるのが、知能化された農法(smart agriculture)による、食材生産や代替食品の開発だ。食材生産のスマート化は、農産物の各種栽培情報と環境データを収集・分析して、効率的な農業経営を行うこと。一方、代替食品の開発は、新しい形の農法を開発し、既存の食品や原料を代替する新たな食品を開発することと言い換えることができる。

 その文脈で、農産物の栽培に必要な要素や過程を最適化・自動化し、生産性と効率性を高めるスマートファームへの投資と関心が高まりを見せている。これには具体的に、農産物の栽培施設の開閉、温度・湿度・二酸化炭素などの内・外部環境を各種センサーを使用して調整、スマート機器を通じてリモート制御するテクノロジーなどが含まれる。

 現在では、無人ヘリや農業用ドローン、無人トラクターとコンバインハーベスター(複式収穫機=穀物を収穫・脱穀・選別する農業機械)、除草・防除ロボットなどを活用した、スマートファームの完全自動化もテスト段階にある。

1 2 3

参照
KB経営研究所
youtube.com