中国勢が攻勢…CESアジア2017「気になるロボット5選」

中国勢が攻勢…CESアジア2017「気になるロボット5選」

Written by Sun Baibai

Posted date:2017.06.19


photo by power vision ウェブサイト


 中国・上海で、6月7日から9日にかけて「CESアジア2017」が開催された。会場には多くのロボットが出品され訪問客から大きな注目を集めた。中国ロボット技術の急速な発展を誇示した同展示会だが、「サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)」は、CESアジアに出品されたロボットの中で、観光客から特に好評を博した5つのロボットを紹介した。

■コワロボット(Cowarobot)

photo by Cowarobot


 上海に拠点を構える企業「コワロボット」はスーツケースロボットを公開した。スーツケースロボットはナビゲーション機能や、自動的に障害物を避け持ち主を追う機能を備える。また持ち主との距離を認識し、自動的にスーツケースをロックをしたり解除する。一方、持ち主は連動している腕輪でスーツケースと自分の間の距離を確認したり、アプリを通じてスーツケースの位置を追跡することができる。スーツケースは4車輪と6車輪の2種類がある。


■パワーレイ(Power Ray)


 北京にある企業「パワービジョン(Power Vision)」が開発した「パワーレイ」は、釣りマニア向け水中ロボットだ。パワーレイは、魚の動きや周辺の風景などを撮影したり、水の温度をチェック。Wi-Fiで転送する機能を持っている。4K・UHDカメラ搭載。


■ヘキサ(HEXA)

photo by youtube


 北京にある企業「ビンクロス」が開発したロボットでクモの形をしている。6つの足を使って、様々な地形を移動することができる。ロボットに搭載されたカメラは、周辺にある物体や状況をを認識する機能を持っている。カメラで撮影したイメージはスマートフォンやVRヘッドセットで閲覧可能。


1 2

参照
scmp.com