海中探査用シンクロ型ヒューマノイド「オーシャン・ワン」発進!

ロボティア編集部
ロボティア編集部

オーシャンワン_海底探査ヒューマノイド1
photo by stanford.edu Frederic Osada and Teddy Seguin/DRASSM

 米スタンフォード大学(Stanford University)でロボット工学を専攻する科学者が潜水探査用ヒューマノイドロボット「オーシャン・ワン(Ocesn One)」を開発。フランス・マルセイユ歴史博物館で、その機体が公開された。

 オーシャン・ワンは最近、1664年に沈没したフランス・ルイ14世の旗艦「ラ・リューン(La Lune)」号の発掘作業に投入された。そこで、海底に沈んでいた数百年前の花瓶をサルベージするなど、初の実戦タスクを成功裏に終えたそうだ。

オーシャンワン_海底探査ヒューマノイド4
ウサマ・カティブ教授(写真左)Frederic Osada and Teddy Seguin/DRASSM

 開発を牽引したスタンフォード大学のウサマ・カティブ(Oussama Khatib)教授はオーシャン・ワンについて、海底採掘だけでなく深海採掘や海上原油施設管理、そして福島原発事故など、人間のダイバーが作業困難な海中で威力を発揮すると説明している。

 オーシャン・ワンはもともと、紅海に生息するサンゴ礁を研究するために開発された水中探査ロボット。人間のような形をしており、ふたつのアームとカメラが搭載されている。

 まず、アーム部分には圧力センサーが搭載されていて、握った物体の重さなど、“触覚”を通じて得た情報を、操縦者にフィードバックがすること可能。加えて、作業している海中の水の流れをセンサーで検出・出力を調整して、操縦者が望む方向に、安定的に移動させることができる。