東北大学「ダンスを教えるロボット」開発中...トレーニングやリハビリで活用

東北大学「ダンスを教えるロボット」開発中...トレーニングやリハビリで活用

Written by Shinji Ikematu

Posted date:2017.06.05

photo by system Robotics Laboratory

 東北大学のDiego Felipe Paez Granadosら氏が、ダンスを教えるインストラクターロボットを開発。ヒューマン・マシン・インタラクション(Human Machine Interaction)の観点から、海外メディアの注目を浴びている。

 Paez Granado氏は以前、人間のダンサーと踊るパートナーロボットを開発したことがある。ただし生徒に効率的にダンスを教えるためには、全体のプロセスを維持する必要があり、人間に合わせるだけのダンスロボットよりも、インストラクターロボットがより複雑なのだと言う。

 インストラクターロボットの身長は1.8メートル。下半身は車輪でできており、上半身は人間のダンサーのように動く。実際に踊りを教える仕組みとしては、まず力覚センサと2つのレーザー距離計で学生の動きを追跡。これを、専門的なダンサーの動きを記録したモーションキャプチャデータと比較し、良く踊れているか判断するという。

 練習が進むにつれ、インストラクターロボットは徐々にダンスに誘導するために使う力を減少させていく。結果、学生はロボットに依存せずとも、踊れるようになる。一方、学生がミスをすると、ロボットの画面にリアルタイムでフィードバック(進行状況や励まし)が表示される。

 ワルツを学んだことがない初心者を対象としたテストでは、6人のうち5人が上達したそうだ。研究結果は、最近シンガポールで開催されたロボットとオートメーションに関する国際会議で発表された。なお、学生のダンス習得状況を勘案しないようにプログラミングされたロボットに学んだ他の比較グループは、6人のうち4人が上達しなかったそうだ。まだまだ、インストラクターロボットには発展の余地がありそうだ。

1 2

参照
newscientist.com
mirror