米IDC発表:ロボット世界市場の成長率は年17%…2019年には16兆円規模へ

米IDC発表:ロボット世界市場の成長率は年17%…2019年には16兆円規模へ

Posted date:2016.12.20

ロボット市場_2017
photo by John Williams(via dvidshub.net)

 ロボット産業の世界市場が、今後、年平均17%ずつ成長、2019年までに1350億ドル規模に成長するという予測が示された。

 米市場調査企業・IDCは、「IDC未来展望レポート:世界ロボティクス予測2017(IDC FutureScape Report:Worldwide Robotics 2017 Predictions)」を発表した。IDCは同レポートで、2019年のロボット産業の世界市場が、1350億ドル規模に成長すると予想した。その主な理由として、インダストリー4.0、スマートマニュファクチャリングの取り組み、「中国製造2025」など、ロボット産業を育成する政策が相次いで登場していること、また、企業向けサービスロボット市場が成長していることなどを要因として挙げた。

 ローカスロボティクス(Locus Robotics)などは、物流センター用ロボットを次々とリリースしており、リシンクロボットのコラボレーションロボットなどが、製品組立をはじめとする様々な分野に広がっているという分析している。また、コンシューマー向けロボット市場も徐々に伸びると予想している。

 IDCは、「サービスとしてのロボット(robot as a service)」が、企業を中心に拡散すると予想している。フェッチロボティクス(Fetch Robotics)、ローカスロボティクスなどのロボットメーカーは、時間単位で課金するビジネスモデルを、クライアント企業の物流センターに提案している。物流センター側も、繁忙期に高賃金な一時労働者を採用するよりも、ロボットを導入して、急増する需要に対処する傾向を示す可能性が高いというのが、IDCの見立てである。なお、警備ロボット「K5」を供給するナイトスコープ社も、時間制課金サービスを展開する。 IDCは、2019年までに企業向けサービスロボットの30%が、「サービスとしてのロボット」の形で普及すると予想している。

1 2

参照
roboticstomorrow.com
idc.com