ロボット大国目指す中国…サービスロボット需要は莫大

ロボット大国目指す中国…サービスロボット需要は莫大

Written by 河鐘基

Posted date:2017.03.23



 ■本原稿は「AI・ロボット開発、これが日本の勝利の法則 (扶桑社新書)」の内容を一部、再構成したものです

 中国に猛烈な勢いで“自動化=オートメーション”の波が訪れている。世界第一位の産業用ロボット市場になって久しい事実が、それを裏付ける。

 中国国内では、2014年に約5万7000台、2015年に約6万8000台の産業用ロボットが、それぞれ販売された。2015年には、全世界的に合計約24万8000台が販売されたが、中国はそのうち36%を占める販売規模となった。また、2016年には前年を大きく上回り、販売台数は約8万台に迫るとの分析もある。

 工場の自動化のものさしとなる「ロボット密度(労働者1万人あたりの産業用ロボット普及台数)」だけ見れば、2015年の段階で36台と、まだまだ日本(305台)や先進諸国に遠く及ばない中国。ただ政府の積極的な後押しもあり、産業用ロボットの普及台数、そして工場の自動化は着々と進んでいる。深セン市ロボット協会・畢亜雷秘書長に話を聞いた。畢秘書長は、中国のロボット産業事情について、次のように説明する。

「中国政府および企業が産業用ロボットの導入、そして工場の自動化を推し進める背景のひとつに、人件費の高騰があります。給与が上がり、雇用主側が求める条件で人材を求めることが難しくなった。その埋め合わせを、ロボットで行おうとしているのです」

 中国が、安価で豊富な労働力に満ちた国であるという逸話は、すでに昔話だ。現在、急激な賃金上昇による人手不足が深刻な中国企業は多い。約10年前、中国南部で始まった労働力不足は、近年、東部沿岸都市部を経て徐々に内陸まで拡散している。特に熟練技能工の不足は深刻。中国人力資源・社会保障部が公表したところによると、13年時点で中国製造業の熟練技能工の不足人員は400万人にのぼるとの統計もある。中国政府、そして企業からすれば、産業用ロボット導入は人件費の上昇を解決するカギとなる。

 一方、中国ではもうひとつのロボット産業にも注目が集まっている。サービスロボット分野だ。サービスロボットとは、工場以外の社会空間で人間を支援するロボットの総称で、近年、日本をはじめ世界各国で新しいビジネス分野として注目を浴びている。日本では、掃除用ロボット「ルンバ」や、コミュニケーション用ロボット「ペッパー」がすでに有名だが、今後、医療、介護・福祉、ヘルスケア、警備、受付・案内、荷物搬送、移動・作業支援、食品加工、物流、検査・メンテナンス、調理・接客、教育、防災、趣味など、あらゆる領域での活用が期待されている。

1 2 3