IBMロブ・ハイCTO「人工知能やロボットは人間の仕事を奪わない」

ロボティア編集部
ロボティア編集部

IBM_ロブ・ハイCTO
photo by IBM.com

 人工知能プログラム「ワトソン」を開発するIBM社の幹部が、「人工知能が人間の仕事を奪うことはない」と指摘した。

 IBMワトソン事業部の技術開発を担当するロブ・ハイ(Rob High)CTOは17日、ソウル・汝矣島(ヨイド)にある、韓国IBMオフィスで開かれた記者懇談会に登壇。人工知能技術の拡散が及ぼす雇用の変化について、「スマートフォンのように、技術の発展に応じて社会を変化させるだろう」としながらも、「仕事自体をなくすのではなく、従業員が忙しかったり、情報がなく答えられない場合、ロボットが対応できるようになる」と強調した。IBMは最近、ヒルトンホテルと共同で宿泊客に応対するロボットを開発した。

「100年後もホテルスタッフが宿泊客を迎えているはず。人工知能は、人間の仕事を奪うのではなく、人間がさらに多くの能力を発揮できるように手伝ってくれる技術だ」(ロブ・ハイCTO)

 ここ最近、人工知能とロボットの普及が進み、人間の雇用が奪われるのではないかという懸念が高まっている。世界経済フォーラムをはじめ、多くの政府や団体、学会が警鐘を鳴らしていることは、すでに世界的に周知の事実となった。これに対しIBMは、あくまでも人工知能は“人のための技術”であるという点を強調したことになる。

 ハイCTOはIBM社の研究・開発方針について「“人の代わりになるコンピュータ”ではなく、(人間を)補完、強化してくれる方に集中する(中略)人と代替することは意図的に排除している」と言及した。

 また、ハイCTOは、サプライヤーの倫理教育も人工知能の開発と並行しなければならないと強調した。

「IBMは、科学者、技術者、そして事業を運営する責任者として、人工知能と認知コンピューティング(コグニティブ・コンピューティング)の進化発展に責任意識を持って投資をしている(中略)社会に恩恵を与えることができる方向に技術を活用し、悪用や乱用を防ぐようしている」(ロブ・ハイCTO)