16万人の駐車違反切符をAI弁護士で取り消させた英青年が話題

16万人の駐車違反切符をAI弁護士で取り消させた英青年が話題


Posted date:2016.07.27


人工知能弁護士_AI弁護士_駐車違反

photo by youtube


 米国で人工知能(AI)弁護士「ロボット・ロウヤー(robot lawey)」を開発し、16万人に駐車違反の罰金(のべ約4~5億円)を出さずに済むようにした英国青年が話題になっている。青年の名前はジョシュア・ブラウダー(Joshua Browder)。年齢は19歳だ。

 1996年にロンドンで生まれたブラウダー氏は、18歳で車の免許を取得した。ところがその後、駐車違反の切符を4回も切られることに。相次ぐ違反に両親も呆れぎみで、「もう勝手にしろ」と罰金を代わりに出すことを拒否した。するとブラウダー氏は、駐車違反の罰則を受けないための“研究”に突入する。

 駐車違反の罰則を回避する基本的な方法は、弁護士を使って抗議レターを送ること。しかし、ブラウダー氏は弁護士に高いお金を出すのが嫌だった。そこで、駐車場のチケットがどのようにして発行されるかを知るために、何百もの政府文書を探して読みこみ、時に情報公開請求をしながら知見を深めていった。

 駐車違反の切符に関する理解を深めたブラウダー氏は、慎重に抗議書簡を書き、当局に送付した。そしてついに、切符を取り消させることに成功する。コツをつかんだブラウダー氏は、家族や友人の違反切符を無効にするため手助けするようになった。

 不条理な駐車違反切符を取り消すというブラウダー氏の情熱は、そこにとどまらなかった。彼は人工知能プログラムを開発して、同じ悩みを抱える人々に役立てようとした。

人工知能弁護士_AI弁護士_駐車違反3

DoNotPay.co.uk photo by DoNotPay.co.uk


 ブラウダー氏は、子供の頃からコーディングを学んでいて、コンピュータプログラミングに堪能だった。スタンフォード大学に入学した彼は、YouTubeを通じてマシンランニングなどを身につけ、3カ月間、夜12時から午前3時まで集中的に開発に取り組んだ。わからないことはマシンラーニングの専門家であるスタンフォード大学の教授に直接聞いた。そして、昨年9月に「DoNotPay.co.uk」というサイトを完成させた。

1 2

参照
stanforddaily.com
youtube.com
washingtontimes.com
sanfrancisco.cbslocal.com