コナミがプロデュースしたロボットアームがかっこいい

コナミがプロデュースしたロボットアームがかっこいい

Posted date:2016.05.25

コナミ_ロボットアーム
photo by the alternativelimbproject.com

 写真の男性ジェームズ・ヤングさん(26歳)は4年前、友人とともに旅行していた際に線路に落下。左腕を失う大怪我を負いました。

 一命を取り留めたヤングさんはその後、十数回の手術の末、義手を装着して生活することに。しかし、当初着用した義手は、見た目的にも、機能的にも水準が低く、身に着けているだけでも不便で仕方がなかったそうです。

コナミ_ロボットアーム2
photo by the alternativelimbproject.com

 そんなヤングさんに、ゲーム企業として有名な「コナミ」が、最新鋭のロボットアーム(義手)をプレゼントしました。コナミは自社のゲームを好きだと公言するヤングさんのために、アクションゲーム「メタルギアソリッド」のプロモーションの一環として、ロボットアームを渡すことを約束。義足アーティストや技術チームと協力して、開発を進めました。

 そのロボットアームの制作を主に牽引したのは、ロンドンの人工四肢専門アーティスト、ソフィー・ディ・オリビーラ・バラタ(Sophie de Oliveira Barata)氏でした。彼女はコナミに所属するデザイン専門家と、3Dプリンタでロボット義手を製作する専門メーカー「オープンバイオニクス(openbionics)」と協力。写真に登場するような、かっこいいロボットアームを完成させました。

1 2

参照
thealternativelimbproject.com
openbionics.com