身体をサポート、”思考(脳波)”で動くロボットの開発進む

身体をサポート、”思考(脳波)”で動くロボットの開発進む

Posted date:2015.05.10

思考で動くロボット
ジャン・シャーマンさん photo by youtube

2013年にピッツバーグ大学のアンドリュー・シュワルツが率いる研究者たちによって開発された技術が世間を驚かせた。その技術とは、“思考”で動くロボットアームだ。

脊髄小脳変性症で、首から下の身体部分がまひしてしまったジャン・シャーマンさん(当時53歳)が、脳の運動野に埋め込まれた2つのセンサーを通じて、思考によってロボットアームを操作し、板チョコなどの物体を掴んで動かすことができるようになった。その成果は医学専門誌『The Lancet』で発表された。当時、ピッツバーグ大学の研究者らは、ロボットアームに触覚を設置し、より細かい作業を追求するとしていた。

あれから2年、韓国では高麗大学の脳工学科教授イ・ソンファン氏らによって、思考で動くロボットが開発された。同ロボットは、障害を抱えている本人の思考だけで、ロボットをリハビリに直接利用できるというメリットがある。医者が家に通う必要がなく、患者も病院に来る必要がない。現在は、行きたい方向に歩く程度だというが、今後は頭の中の考えを自由自在に動きとして反映できるロボットを開発する予定だという。

イ・ソンファン教授は、韓国メディアの取材に答えて次のように話している。

「今後の課題は、人間の脳から出る数多くの脳派の中から、必要な脳波を選んで信号化する作業が必要。時間がかかるかもしれないが、人間とロボットの間の距離は少しずつ縮まっています」

1 2